浮気親権

お金02

自筆証書遺言は証人、立会人が不要なので簡単で利用しやすく費用もかかりませんが、遺言書の真偽を証明するものがおらず保管も個人的になされるので遺言書の偽造、変造、紛失の恐れがあります。遺言者一人で作成することが多いので、間違った方法で書いてしまう危険性もあります。

この遺言書は、遺言者が遺言書の全文、日付、氏名を自書し、これに押印することによって成立します。自書とは遺言書の全文を手書きにすることを意味し、パソコンなどで書かれた場合には無効になります。遺言者が他人の手を借りて遺言書を書いた場合にこれが有効になるか問題となります。判例は、他人の手助けが筆記を容易にするためになされた程度で、遺言に他人の意思が介入した形跡がなければ自書であり有効になるとしています。

日付を書くときは年月だけではなく日の記載まで必要です。氏名も自書が要求されますが、氏名の記載は遺言の内容その他の証拠から他人と区別しうる程度の表示でよいので、氏また名の一方のみの記載でも遺言書として認められる場合があります。押印は、遺言者の同一性と真実の確保および文書が完成されたことの担保のためにするので、印章でなくても拇指その他の指頭に墨、朱印等をつけて押捺することでも足ります。